ここから本文です

【新日本】前年覇者・棚橋がザックを撃破しG1初白星「今日は新鮮だった」

7/19(金) 0:29配信

東スポWeb

 新日本プロレス真夏の祭典「G1クライマックス」18日東京・後楽園ホール大会のAブロック公式戦で、前年度覇者・棚橋弘至(42)がザック・セイバーJr.(31)を撃破し初白星を挙げた。

 開幕2連敗を喫し、あとがない棚橋は、同じく連敗中のザックとのサバイバルマッチに臨んだ。序盤からグラウンドで果敢に立ち向かうが、ザックの変幻自在の関節技に苦しめられる。ボディーアタック式ハイフライフローからのハイフライフローも、ヒザで迎撃され三角絞めに捕らえられてしまう。それでも絶体絶命の状況から執念のジャックナイフ式エビ固めに切り返し、逆転の3カウントを奪ってみせた。

 今年4月の米国・ニューヨークのマジソンスクエア・ガーデン大会のリベンジに成功すると同時に、待望のG1初日をあげた棚橋は安堵の表情。「本当に今日は新鮮だった。迷子終了。こんなにもピュアな気持ちで試合したのは、初めてとは言わないけど、すごい久しぶりだ」と、ザックとのレスリングの攻防に手応えを感じ取り、連覇へ向け反撃を誓っていた。

最終更新:7/19(金) 0:30
東スポWeb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事