ここから本文です

ボーイング、737MAXの補償49億ドル 運航再開は10月以降に

7/19(金) 9:36配信

Aviation Wire

 ボーイングは現地時間7月18日、墜落事故が相次いだ737 MAXの運航停止や納入遅延に対する補償など、49億ドル(約5260億円)の費用が発生する見込みだと発表した。24日に発表する2019年4-6月期(第2四半期)決算に計上する。

 737の生産コストは、4-6月期は17億ドル増加。737 MAXの運航再開は、10-12月期(第4四半期)の早い時期に、FAA(米国連邦航空局)など当局の承認を得られることを想定している。

 また、737の生産レートについては、2020年に月産42機を57機に増産する計画を進めている。

 4-6月期は737 MAXの関連費用の計上により、売上高と税引前利益は56億ドル減少するとしている。

Tadayuki YOSHIKAWA

最終更新:7/19(金) 9:36
Aviation Wire

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事