ここから本文です

足利で地元密着情報紙「KITANAKA100%」創刊 北仲通の魅力を発信 /栃木

7/19(金) 8:51配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 足利市巴町の若手経営者らが7月15日、地元に密着した情報紙「KITANAKA100%」を創刊した。(足利経済新聞)

1号で紹介する店主、梁川さんの店「八蔵」

 同紙は毎号1人の店主にフォーカスした内容で、B4版の両面にぎっしり北仲通のことや店への思いを詰め込んだ。1号で紹介する店主はカフェ「八蔵」(足利市家富町)の梁川健人さん。梁川さんは同紙を発行しているメンバーの一人で、足利出身。東京で修業した後、昨年足利へ戻り店をオープンした。発起人である美容室「なないろてんとうむし」(巴町)店主の宮澤一貴さん、市内で活動するデザイナーの鶴見裕也さんと「学級新聞のようなもので、北仲かいわいを紹介する新聞を作ったら面白いのでは」と今年1月から準備を進めてきた。

 梁川さんは「北仲かいわいには面白い店がたくさんあるが、入りにくい店も少なくない。KITANAKA100%で『ここの店主はこんな趣味があるのか』『ここにはこんな裏メニューがあるのか』といったことなどを知ることで、来店のきっかけになればうれしい」と話す。編集を担当した鶴見さんは「八蔵や北仲通の店でコーヒーやお酒を飲みながら考えた。作っている僕たちの楽しい気持ちが読者にも伝わるとうれしい」と話す。

 同紙は隔月15日発行。無料。八蔵の他、北仲通の飲食店やJR足利駅内「Aidacco」でも入手できる。
 

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:7/19(金) 8:51
みんなの経済新聞ネットワーク

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事