ここから本文です

三越伊勢丹が靴売り場にデジタル活用――3D計測器で足を計測→店頭在庫などからレコメンド&3Dプリンターでカスタマイズシューズ

7/19(金) 7:06配信

ネットショップ担当者フォーラム

三越伊勢丹ホールディングスは7月17日、顧客の足のサイズを3D計測器で計測し、サイズに合った商品を店頭やオンラインで提案する新たなサービス「your FIT 365」を、伊勢丹新宿店本店2階の婦人靴売り場に導入すると発表した。

計測した足のサイズに合わせ、約1000種類の商品の中から最適な商品を提案する。

8月28日に婦人靴売り場をリニューアルし、新サービスを開始。同時期に「your FIT 365」の専用アプリもリリースする計画だ。

「your FIT 365」は、3D足形計測器で顧客の足のサイズを計測した上で、サイズに合った商品をシューカウンセラー(専門販売員)が提案するサービス。パンプスを中心に約1000種類の中から商品を提案する。店頭に在庫がない場合は、ECサイトで購入できる。

「your FIT 365」の専用アプリを8月28日までにリリースする予定。アプリに足のサイズを登録すると、次回来店時にサイズに合った靴を探しやすくなるほか、ECサイトでサイズの合った商品を検索することも可能だ。

「your FIT 365」は実店舗での接客を軸に、オンラインでもシームレスに商品を買えるようにするという。

┌──────────
店頭で足のサイズを計測していただき、サイズデータを踏まえて店頭でシューカウンセラーがお客さまの好みなどもうかがった上で、最適な商品を提案します。もし店頭で購入にいたらなくても、自宅に帰ってからオンラインで購入していただけます(三越伊勢丹 MD統括部マーケティング推進部メディアミックス推進ディビジョン)
└──────────

「your FIT 365」は伊勢丹新宿店本店でスタートし、今後、旗艦店を中心に導入店舗を拡大することも検討している。

新宿店では、スニーカーのミッドソールを3Dプリンターで制作するオーダースニーカーも販売する。

3D計測器で足のサイズを計測した上で、トレッドミルで歩行しているときの足の形も解析。それらの結果を元に3Dプリンターでミッドソールを制作する。制作時間は約60分。

伊勢丹新宿店本店の婦人靴売り場をリニューアルするのは2012年11月以来、約7年ぶり。リニューアル後の売り場面積は、リニューアル前と比べて約1.1倍に拡大する。高価格帯ブランドの売り場面積は同約1.2倍に広げる。

最終更新:7/19(金) 8:26
ネットショップ担当者フォーラム

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事