ここから本文です

「西郷隆盛」海音寺潮五郎 司馬とは異なる〝実像〟描く【あの名作その時代シリーズ】

7/19(金) 12:15配信 有料

西日本新聞

夜明けを迎える桜島と錦江湾。思えば、西郷隆盛も黎明期の近代日本にそびえる巨峰であった

 「あの名作その時代」は、九州を舞台とした作品、または九州人が書いた著作で、次代に残すべき100冊を選び、著者像や時代背景、今日的な意味を考えながら紹介するシリーズです。西日本新聞で「九州の100冊」(2006~08年)として連載したもので、この記事は06年12月17日付のものです。

**********

 司馬遼太郎の才能を最初に見いだしたのは海音寺潮五郎であった。

 一九五六年、司馬が講談倶楽部賞を受賞してデビューしたとき、さらに四年後に直木賞を受賞したとき、ともに海音寺が選考委員を務めていた。司馬の候補作を強く推薦したという。

 その司馬が西郷隆盛と大久保利通を主人公にした新聞小説「翔ぶが如く」を連載していた七五年十月、文芸評論家の磯貝勝太郎さん(71)=東京都=は海音寺宅を訪ねた。司馬の新聞小説が話題に上り、海音寺が漏らした言葉を磯貝さんは覚えている。

 「朝刊が来るのが楽しみだが、司馬君でさえ西郷が書けてない」

 海音寺は司馬を「天才」と評価していた。その上での感想である。

 「やはり自分が書くしかないと思っている」 本文:2,763文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込216
    使えます

記事購入にも使える108ポイント獲得できるチャンス

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

西日本新聞

最終更新:7/19(金) 12:15
西日本新聞

おすすめの有料記事

使えます

もっと見る