ここから本文です

大貫勇輔の“ミュージカル”に爆笑の嵐…変身シーンも好評、「ルパンの娘」第2話

7/19(金) 9:10配信

cinemacafe.net

深田恭子主演で横関大の同名小説を連続ドラマ化した木曜劇場「ルパンの娘」の第2話が7月18日オンエア。前回以上に“濃い”ミュージカルシーンと、深田さんの“変身”シーンに多くの視聴者から喝采の声が上がっている。

【写真】「ルパンの娘」第2話

深田さん演じる代々泥棒一家“Lの一族”の娘・三雲華と、瀬戸康史演じる代々警察一家の息子・桜庭和馬の決して許されない恋愛を描くラブコメとなる本作。


“Lの一族”が自分たちの代で終わってしまうかもと危惧している華の父・三雲尊には渡部篤郎、55歳とは思えない驚異の“美魔女ぶり”をみせる華の母・三雲悦子には小沢真珠、情報を巧みに盗み出す引きこもりのハッカーで華の兄・三雲渉には栗原類。祖母の三雲マツにはどんぐり。

登場シーンが基本的にミュージカル風味の円城寺輝には大貫勇輔。和馬に先輩風を吹かす捜査三課の刑事・巻栄一に加藤諒といったキャストが出演する。


※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
華の両親に挨拶をしたいといきなり(ダミーの)自宅にやってきた和馬の母・美佐子(マルシア)と父・典和(信太昌之)。焦る華だが尊と悦子もダミーの自宅に現れ、両家が顔合わせを果たす。お互い公務員は嫌い、うさんくさい職業は嫌いと言い合っていた尊と典和だったが、高校野球で対戦したことがあるとわかり意気投合するが、美佐子はダミーの家に生活感がないことを見抜いていた。


後日、華は美佐子から和馬とは別れて欲しいと言われてしまう。和馬と別れた方が良いのか悩む華だったが、和馬が担当していたアポ電強盗事件の黒幕が、三雲家が盗もうとしている“秀吉の茶釜”を所有する介護会社の社長だと知る…というのが今回のストーリー。


2話からは大貫さん演じる円城寺の“ミュージカルシーン”にカラオケ風の「字幕」がつくように。

これには「円城寺さんと華のミュージカルシーンには、歌詞が画面にでるようになったの笑?」「いきなりミュージカルになるし、カラオケ画面になるの何 笑」「突然のミュージカルに慣れたところで字幕出してきたの笑ってしまった」「ミュージカルの場面、2話から歌詞の字幕出るようになったの笑った」など爆笑の嵐が巻き起こる。


さらに深田さん演じる華が赤いスーツを着用、泥棒に“変身”する場面にも「変身シーンのキャットウォークが何度でも何度でも見たい」「変身シーン増やして欲しいなあ」などの声が。「深キョン、変身すると性格変わる」「深キョンの立ち振る舞いや喋り方から変わるところ好きです」など変身後の華の“キャラ変”も好評の様子だ。

最終更新:7/19(金) 9:10
cinemacafe.net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事