ここから本文です

松重豊が妊活のため禁酒、断食、墓参り!? 北川景子が妻を演じる感動作、予告編公開

7/19(金) 6:00配信

映画.com

 [映画.com ニュース] 日本を代表する名バイプレイヤーの松重豊が映画初主演を飾り、24歳差の北川景子と夫婦役を演じる「ヒキタさん! ご懐妊ですよ」の予告編と本ポスターが公開された。松重演じる作家が、愛する妻の願いを叶えるため禁酒、断食、墓参りなど様々な妊活に挑む姿が切り取られている。

【動画】「ヒキタさん! ご懐妊ですよ」予告編

 作家・ヒキタクニオ氏が自らの体験をもとに、男性不妊と妊活を描いた同名エッセイを、細川徹監督(「オケ老人!」)が映画化。49歳の作家・ヒキタクニオ(松重)は、年の離れた妻・サチ(北川)と仲良く2人で暮らしている。サウナとビールが大好きで、ジム通いの甲斐もありいたって健康体。ある日、サチの言葉を機に妊活に励むがなかなか結果は出ず、クリニックでの検査の結果、不妊の原因はヒキタにあることが判明する。

 予告編では、「ヒキタさんの子どもに会いたい」と思いを伝えるサチを活写。「精子の8割は動いていない」という医師の宣告を受け、「桃缶を食べる」「墓参りをする」など様々な方法を試す、ヒキタの波乱の妊活がスタートする。「やれることは全部やる!」という意気込みとは裏腹に結果が伴わず、「子どもが普通に生まれることだけで、神様が担当するくらいの奇跡なのだ」という、子どもを授かることの尊さが胸に迫る言葉が響く。

 さらに、悔しさに駆られ自身を殴りつけるヒキタ、妊活に反対する父に「ヒキタさんが好きなの。ヒキタさんとだから頑張ってるの」と必死に訴えるサチの姿も。厳しい現実を前に支え合い、妊活によってより強く結びついていく夫婦をあたたかく映し出している。

 本ポスターは、満開の桜並木をバックに、笑顔でともに歩む夫婦をとらえたもの。「ヒキタさん! ご懐妊ですよ」は、10月4日から全国で公開される。

最終更新:7/19(金) 6:00
映画.com

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事