ここから本文です

家賃や食費をクラウドファンディングで賄うアメリカの若者たち

7/19(金) 10:31配信

BUSINESS INSIDER JAPAN

ミレニアル世代とZ世代は個人間支払いアプリ「ベンモー(Venmo)」をクラウドファンディングに使っている。ロサンゼルス・タイムズが報じた。

家賃や食費から、医療費や出入国の手数料まですべてを賄うお金を求めて、ツイッターに自身のベンモーアカウントを投稿している。

ベンモーは本来、個人間の支払いを簡単に行うことを目的としたもの。だが、若い世代は金銭的支援に利用しており、多くがお金に関するストレスに直面していることを示している。

お金に困ったとき、ミレニアル世代やZ世代はどうする?

ベンモー(Venmo)に頼るようだ。

お金が必要な若い世代は、このモバイル決済アプリをクラウドファンディングのプラットフォームとして使っている。金銭援助を求め、ツイッターに自身のベンモーアカウントのリンクを貼る。ロサンゼルス・タイムズのスハウナ・フセイン(Suhauna Hussain)氏が伝えた。

「ユーザーは家賃や食費だけでなく、医療費、手術代、出入国の手数料、家族の葬儀代といった思いがけない出費の数百ドル、あるいはコーヒー代、ネイルサロンまでの交通費の数ドルさえもクラウドファンディングで調達しようとしている」とフセイン氏は記した。

このトレンドは社会から取り残された人たちによく見られる。例えば女性、有色人種、移民、そして性的マイノリティ(LGBTQ)の人たちとフセイン氏は述べた。

ある大学生は、父親が移民・関税執行局(Immigration and Customs Enforcement)に拘束された際に1500ドルを調達。また別の学生は家賃、授業料、医療費がかさんだ際に食費として150ドルを受け取った。また、DACA(幼少期にアメリカに到着した移民への延期措置)の更新手数料から海外留学プログラムまですべての費用を数度にわたって調達している学生もいるとフセイン氏は伝えた。

だがベンモーはクラウドファンディングを目的としたものではない。

このアプリは通常、個人間の支払いを簡単に行うために使われる ── 立て替えてもらったディナーの代金を友人に返したり、親の誕生日プレゼントの代金の半分をきょうだいに返したりできる。だが今、ベンモーはゴーファンドミー(GoFundMe)と同様の機能を持ち始めている。ゴーファンドミーは予想外の出費の際に資金を調達するために使う人が多い。

ベンモーは「資金集めサイト」の類ではないことを明言している。

「我々はゴーファンドミーとはまったく違うし、募金のような行為を促すことは一切ない」とベンモーの広報担当者はフセイン氏に語った。

1/2ページ

最終更新:7/19(金) 16:01
BUSINESS INSIDER JAPAN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事