ここから本文です

『君たちはどう生きるか』200万部ヒットで見えた漫画ビジネスの“次の一手”

7/19(金) 11:31配信

BUSINESS INSIDER JAPAN

2018年にもっとも売れた本、『君たちはどう生きるか』。漫画化された新版が212万部を超える大ヒットを記録したこの本の作画は、漫画家や作家のエージェント会社・コルクに所属する漫画家が担った。

【全画像をみる】『君たちはどう生きるか』200万部ヒットで見えた漫画ビジネスの“次の一手”

そんなコルクが、新たに「インディーズレーベル」を立ち上げ、出版分野にも進出すると発表した。この決断の背景には、上記の「200万部ヒット」があったという。コルク代表の佐渡島庸平さんに、その戦略の意図を聞いた。

212万部と5万部の“実力差”

7月上旬、東京・世田谷の広々としたレンタルスペースで、漫画家たちを集めた「合宿」が行われていた。

中心に立っているのは、以前は講談社の編集者として『宇宙兄弟』『ドラゴン桜』などのヒット企画を生んできた佐渡島さんだ。

ストーリーの組み立て方、表情の作り方……。佐渡島さんの講義を熱心に聞くのは、コルクに所属する新人漫画家たち数人。その後は、実際に絵を描いてみるワークだ。

今まで和やかに話していた漫画家たちも、ワークに移ると表情がグッと真剣になる。コルクは数年のスパンで、こうした新人漫画家たちをサポートする。

「(『君たちはどう生きるか』がヒットする前は)出版社の力を借りる必要ってあるのか、と考えていた」

佐渡島さんはそう打ち明ける。

実際、現在のコルクの収益源は出版社からの印税収入だけではなく、多岐に渡っている。

雑誌の原稿料や紙の出版物の印税収入に加え、電子出版、オンラインサロン、そしてグッズ(物販)からの収益といった作家の収入の一部からエージェントフィーを受け取る、というのがコルクのビジネスモデルだ。

出版社と組むことの本当のメリットを佐渡島さんが強く感じたのは、『君たちはどう生きるか』の大ヒットを受けてからだったという。

「多分、僕たちが『君たちはどう生きるか』を出版していたとしたら、5万部くらいかな。5万部と212万部という圧倒的な実力差が、そこにはあった」

その最たるものは、新聞広告やテレビでの宣伝、電車での中吊り広告といったマスメディアを駆使した宣伝のノウハウと人脈だ。また、大ヒットが見込める作品に対して億単位の宣伝費をかけるなど、「攻めるぞという時に出版社は強気に攻められる」。

100万部規模の本の宣伝・販売を仕掛けられる出版社と、コルクのように長期的に作家と並走するエージェンシー。

「長期的な戦略と、短期的な戦術を組み合わせる」必要を強く感じたとき「出版社が気持ちよく(コルクと)組める状況をどう作るか」。これが新たな課題として浮上してきた、という。

1/2ページ

最終更新:7/19(金) 23:01
BUSINESS INSIDER JAPAN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事