ここから本文です

ジャニーさん“遺作”完成 タッキー社長「ついに形になった」

7/19(金) 5:59配信

デイリースポーツ

 ジャニーズJr.のユニット「HiHi Jets」「美 少年」「少年忍者」「7 MEN 侍」が出演するライブ「パパママ一番 裸の少年 夏祭り」が18日、都内のEXシアター六本木で初日を迎えた。演出を手掛けていたジャニー喜多川社長(享年87)が9日に死去し、ジャニーズアイランド社長の滝沢秀明氏(37)が引き継ぐ形で完成。デイリースポーツなどの取材に応じた滝沢氏は、ジャニーさんが熱望していた、生前に交流があった美空ひばりさんの「愛燦々」をジャニーズとして初披露した演目を見どころに挙げた。

 6月18日に解離性脳動脈瘤破裂によるくも膜下出血で倒れるまで、ジャニーさんはこの日のために寝食を忘れ演出に取り組んでいた。滝沢氏は、ほぼ完成に至っていた作品に細かい演出のつなぎなどを加え、迎えた初日に「彼らはジャニーさんに一番近いところで指導を受けてきた。自信を持ってやってほしい」と愛情を込めJr.たちを送り出した。

 中でも、ジャニーさんのこだわりが強くにじむのが、「美 少年」の岩崎大昇(16)が美空ひばりさんの「愛燦々」をソロ歌唱する演目。米ロサンゼルス出身のジャニーさんは若かりし頃、現地公演を行っていたひばりさんと親交を温め、その数々の名曲に魅了された。「ジャニーさんは『愛燦々』を歌って欲しいとずっと前から言っていて。今回、ついに形になった」と滝沢氏。かつて「川の流れのように」を舞台「ジャニーズ銀座」で歌唱している岩崎だが、「ジャニーさんの背負った思いを胸に頑張りたい」と恩人のリクエストに応えた熱唱を、天国に届けるつもりだ。

 イベントのタイトル「パパママ一番」も、ジャニーさんが命名。HiHi Jetsの高橋優斗(19)は「いつも『両親には感謝しなきゃいけないよ』と常々言われていました」と、その意図を明かし、“遺言”を改めて胸に刻んだ。HiHiはローラースケートと和太鼓のコラボなど、ジャニー・ワールド満点のパフォーマンスを展開。8月2日まで「美 少年」、同3日からは「HiHi Jets」が公演し、11万人を動員する見込みだ。

最終更新:7/19(金) 7:19
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事