ここから本文です

ふく福すいか食べて 20日から販売 新たな特産に

7/19(金) 9:45配信

北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ

 砺波市東別所地区の農家でつくる「ふく福柿出荷組合」(宮木文夫組合長)は新たな特産品として栽培した「ふく福すいか」を、20日から同市の道の駅となみの農産物直売所で販売する。関係者が18日、市役所で試食会を行いPRした。

 昨年まで試験的に栽培し、今年から本格出荷する。品種は「羅皇(らおう)」や「サマーオレンジ」などで、1キロ当たり税込み300円の予定。お盆ごろまで計千個の販売を見込む。

 試食会で宮木組合長(82)が良好な品質になったことを夏野修市長に報告した。

 同組合は中山間地でカキ2千本で「ふく福柿」を生産しており、作業時期が重ならないことなどからスイカ栽培に取り組んだ。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事