ここから本文です

小林可夢偉、2020年デイトナ24時間参戦を発表「簡単じゃないけど連覇を目指す」

7/19(金) 13:38配信

motorsport.com 日本版

 小林可夢偉が、2020年もデイトナ24時間レースに参戦することが発表された。

 2019年のデイトナ24時間にウェイン・テイラー・レーシングの一員として参戦、初挑戦ながら勝利を手にした小林可夢偉。その勝利を記念した「コニカミノルタpresents デイトナ24時間レース 小林可夢偉優勝イベント」が東京・有楽町で行われた。

【動画】2019年デイトナ24時間ハイライト:アロンソ対ナッセのトップ争い

 このイベントには、小林可夢偉とウェイン・テイラー・レーシングのオーナーであるウェイン・テイラー、そしてメインスポンサーを務めたコニカミノルタの山名昌衛社長が登場。このイベントでテイラー氏は、小林可夢偉を来年もデイトナ24時間のドライバーに起用すること、そしてコニカミノルタが2020年も引き続きメインスポンサーを務めることを明らかにした。

「今年、初めて参戦して勝つことができましたが、2年連続で簡単に勝てるとは思いません」

 そう小林は2年連続参戦について語った。

「テストから良いマシンを作り、良い調整をして2年連続で勝ちたいと思います」

 小林曰く、他のIMSAのレースにも出て欲しいとのオファーがあったという。

「デイトナは、他のレースと日程が被りません。他の(IMSAの)レースにも出て欲しいというオファーがありましたが、あくまで優先はWEC(世界耐久選手権)とスーパーフォーミュラです。ですがデイトナなら出られるだろうということで、参戦を決めました」

 なお現時点では、小林のチームメイトが誰になるかは決まっていないというが、小林曰く、2019年に共にデイトナを戦ったフェルナンド・アロンソは、出場のつもりはないようだ。またウェイン・テイラーは「様々なドライバーと話している。どうなるか見てみよう」と語った。

田中健一

最終更新:7/19(金) 13:42
motorsport.com 日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事