ここから本文です

「日銀が国債全て買って大丈夫」 財政赤字を容認、「異端」MMT 提唱者ケルトン教授、来日インタビュー

7/19(金) 7:30配信 有料

朝日新聞デジタル

 財政赤字の拡大を容認する「異端」の理論として議論を呼んでいる「MMT」(Modern Monetary Theory=現代貨幣理論)の提唱者の一人、ニューヨーク州立大のステファニー・ケルトン教授が来日し、朝日新聞の単独インタビューに応じた。「財政赤字は悪でも脅威でもない」というその主張は主流派経済学者から異端視されるが、支持する人も現れている。(笠井哲也)

 ケルトン氏は、財政赤字の拡大を問題視する主流派経済学者の見方は正されるべきだと主張。国の債務は、国民から見れば「資産」「富の一部」で、積み上がっても問題はないという。…… 本文:1,153文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

朝日新聞社

最終更新:7/19(金) 7:30
朝日新聞デジタル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事