ここから本文です

顔の性別や年齢を変えたりできるFaceAppのポリシーが怖い

7/19(金) 14:01配信

ギズモード・ジャパン

この利用規約は、リアルに怖いわ…。

FacebookでもInstagramでも、最近やたらと友人たちの老け顔写真を見かけます。みんな若返りたくて頑張っているのに、いつの間にかSNSは老け顔ブームなのねー、なんて思っていたら世間では「FaceApp」なんてアプリが流行っていたんですね。

で、モーフィングで「2000万円問題に直面している頃であろう顔」にしてくれる「FaceApp」が、危険視されているらしいんです。なんでかって?ロシア産な上にポリシーがヤバめだから。

ユーザーがFaceAppに写真をアップロードしても「多くの情報は送られない」と、セキュリティ研究者のJane Wong氏はTwitterに書いています。しかし、8月に更新されたFaceAppの利用規約を詳しく読み進めると、気になるポリシーが見つかるのだそうです。どうやら、ユーザーコンテンツのサブセクションには、アプリをダウンロードすることで、肖像、音声、ペルソナ、名前、およびユーザーコンテンツを商業目的使用のために無償で譲渡することに同意しているというのです。おいおいおい、それってヤバくないですかね?

詳しくは以下の通り。

「FaceAppに対し、お客様はユーザーコンテンツおよび、付随して提供した名前、ユーザー名、肖像を、現存並びに今後開発される全てのメディア形式およびチャンネルで使用、複製、変更、適応、公開、翻訳、派生物の作成、配布、出版を、世界的に永久的、非独占的、非取消、無償で付与することになります。」

え…? なんか色々と詰め込みすぎててわかりにくいけど、つまりユーザーの個人情報は写真も含めてFaceAppが自由に商業目的に使っていいよってこと? 永遠に? 

しかもまだ続きます。

「お客様が本サービス上、また本サービスを通じてユーザーコンテンツを投稿もしくはそのほかの方法で共有する場合、お客様のユーザーコンテンツ並びにユーザー名、位置情報、プロフィール写真などといった関連情報が一般に公開されることを理解するものとします。」

え、勝手に公開されちゃうの? 個人で楽しむだけじゃなくて?

また、「本サービスを利用することでお客様は、ユーザーコンテンツが商業目的で利用されることに同意したとみなします。」とも明言しており、FaceAppが商業目的でユーザーコンテンツを使用しても損害を与えることはないと同意しているとみなす、とも書いています。

うーむ…、うーむ……。このアプリ、使わない方が良くない…? 軽い気持ちで使って良いのかしら。

いや、別にロシアが悪いとか、このアプリの開発者が悪いと言いたいんじゃないんです。ただ、アメリカに特化していえば、こうやって集まった個人情報をロシア政府や政府と結びつきが強い組織に渡って、それが他国に渡ることを懸念しているんです。アメリカにサイバー攻撃を仕掛けたい国は少なくないですから。ほら、LinkedInにもスパイがウジャウジャいるくらいですし。

FaceAppのYaroslav GoncharovCEOはワシントンポスト紙に対して、ロシア政府はユーザーコンテンツにアクセスできないこと、また写真の多くが48時間以内にサーバーから削除されると話しています。写真がほかの目的で使用されることはないとも断言したそうですが、じゃぁ、このポリシーは一体…? 

中川真知子

最終更新:7/19(金) 14:01
ギズモード・ジャパン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事