ここから本文です

米、イラン無人機を撃墜 ホルムズ海峡で「接近」

7/19(金) 5:51配信

共同通信

 【ワシントン共同】トランプ米政権は18日、中東のホルムズ海峡を現地時間の同日午前に航行していた強襲揚陸艦ボクサーにイランの無人機が「脅威となる距離」まで接近した上、複数回の警告を無視したため、同艦が自衛措置として破壊したと発表した。米メディアによると電波妨害によって墜落させた。

 トランプ大統領はホワイトハウスの会合で、無人機が強襲揚陸艦まで約900メートルの近距離に近づいたと説明し「無人機は即座に破壊された。公海を航行する船への挑発、敵対的行為だ」と批判。「米国には人員、施設、権益を守る権利がある」と強調した。

最終更新:7/19(金) 8:27
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事