ここから本文です

スマホのカメラで星空やホタルを美撮できる?

7/19(金) 12:11配信

マイナビニュース

Pixel 3・Pixel 3a XLで星空を

無理といわれてきた星空やホタルの撮影

スマートフォンのカメラ機能は年々向上しています。キレイな写真を手軽に撮れる最近のスマホは、数年前にはムリとされていたシチュエーションにも対応できるようになっています。今回、「星空」と「ホタル」をどれだけ撮れるかを試してみました。

【写真】スマホのカメラでもいい感じの写真が撮れた、富士山と星空


スマホのカメラで星空をキレイに撮るのが難しいのは、カメラ機能の性能もありますが、スマホのカメラアプリによるところもあります。一般的に星空の撮影は、カメラを三脚で固定して長時間露光を行います。しかし、スマホで写真を撮るときは十中八九、手持ちでしょう。手持ちで長時間露光を行うとブレた写真になるため、通常、スマホのカメラアプリには長時間露光の設定がありません。また、スマホのカメラはオートフォーカスが普通ですが、デジタル一眼レフでの星空撮影はピントを無限遠固定するのが一般的。

星空撮影には、暗いものを撮影するための低速シャッターとマニュアルフォーカス(手動ピント合わせ)、もしくは無限遠固定という機能が必要です。この2つの機能が今までのスマホにはなかったので、星空をキレイに撮影するのは無理といわれていたのです。

Pixelの夜景モードは星空を含め夜景に強い!

暗いところの撮影をテクノロジーで何とかしよう、というスマホも増えました。ここではおもに、Googleのスマホ「Pixel 3」「Pixel 3a XL」を使っていきます。Pixel 3のカメラアプリには、「夜景モード(Night Sight)」が用意されています。Pixel 3のカメラアプリを起動すると、暗い場所では夜景モードにするように促されます。


この夜景モードは、手ブレの影響を減らすために複数の写真を連写し、複数枚の写真を組み合わせて最終的に明るい写真を得ます。加えて、AIによってある程度、色味を判断して補完するようになっています。夜景モードは星空用ではありませんが、街中の夜景はビックリするほど美しく写ります。最新モデルかつコスパに優れたPixel 3aとPixel 3a XLでも、夜景モードが使えます。

Pixelシリーズの夜景モードは、ピント設定が「自動」のほか、「ニア」「ファー」という固定ピントも選べます。星空のような遠景を撮るときは、「ファー」にしておけばよいのです。

Pixel 3・Pixel 3a XLを持って深夜に出かけた

Pixel 3・3a XLを持って深夜に出かけ、撮影してみました。星空がキレイに写り、「雪をかぶった富士山」も昼間のように明るく写っています。帰り道、足柄サービスエリアで駐車場を撮影してみましたが、雰囲気のいい写真が撮れました。どんなスマホでもそうですが、夜景モードのポイントはスマホを動かさないことです。

1/3ページ

最終更新:7/19(金) 12:11
マイナビニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事