ここから本文です

沖縄県の2018年度観光収入、過去最高の7334億円 国内客の消費単価7万6734円に増加

7/19(金) 11:09配信

琉球新報

 沖縄県の玉城デニー知事は19日午前の定例記者会見で、2018年度の国内客と外国人空路客(那覇空港調査分)を合わせた観光消費額(観光収入)を発表した。対前年比5・1%増の7334億円となり、初めて7千億円を超え過去最高を記録した。全体の観光客数が増加したほか、国内客の消費単価が増えた。

 玉城知事は「令和元年(19年)度の観光収入の目標を対前年度比9.1%増の8千億円と設定した。アジアのダイナミズムを取り込み、官民一体となった効果的なプロモーションを展開したい」と意欲を示した。

 国内客の1人当たり消費額は7万6734円で同6.2%増加した。内訳では宿泊費が最も多く2万64777円、飲食費が1万6907円、土産・買い物費が1万3186円と続いている。外国人空路客の1人当たりの消費額は9万119円で、10・1%の減少だった。宿泊費は2万6053円、土産・買い物費が2万5071円だった。

 平均宿泊数は国内客は前年比0・02泊減の3・73日、外国人空路客は同0・18泊減少の4・77日だった。【琉球新報電子版】

琉球新報社

最終更新:7/19(金) 14:42
琉球新報

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事