ここから本文です

ノイキャン搭載イヤホン「WF-1000XM3」レビュー:ソニーがソニーを超えた

7/19(金) 21:01配信

ギズモード・ジャパン

編集部で、すでに2人も買いました。

ソニーの完全ワイヤレスイヤホン「WF-1000XM3」が2019年7月13日(土)に発売されましたね。ソニーがフラッグシップの完全ワイヤレスイヤホンを更新するのは、実に1年9カ月ぶりです。これまで空席だった「ノイキャン搭載完全ワイヤレスイヤホン」の枠を、堅実に更新してきたソニー。

【全画像をみる】ノイキャン搭載イヤホン「WF-1000XM3」レビュー:ソニーがソニーを超えた

なんか近所のヨドバシカメラでは完全ワイヤレス特設カウンターみたいなのができてて、ガイドや試聴の案内が充実してまして。「WF-1000XM3」は、期待の新発売枠として、とくにフィーチャーされてました。

先駆けて動画でもレビューをお届けましたが、改めて記事でもその所感をお伝えしていきましょう。最強だなんて言っちゃいましたけど、試してみたらノイキャンいらない派の僕でも常用したいと思えるほど素晴らしいノイキャンポテンシャルでした。僕がノイキャンに感じていたとある致命的なデメリットを解決してくれるイヤホンだったんです。

WF-1000XM3

これはなに?:ノイズキャンセリングを搭載した、ソニーの最新左右独立イヤホン

価格:約2万6000円

良いところ:音質、装着感、ノイキャン。すべて二重丸。接続性も大改善

残念なところ:君、ちょっとデカくない?

製品名の末尾に「3」とついていますが、ポジションとしてはソニー「WF-1000XM」の後継機、つまりは二代目にあたります。今回の新型は、4万円近いソニーのハイエンドヘッドフォン「WH-1000XM3」のイヤホン版という立ち位置になるため、2を飛ばして3になりました。

質感はマット。タッチ操作部分は円形にデボス加工されていて、指の感触だけで判断できるデザイン。カラーはプラチナシルバーとブラックがありますが、どちらもゴールドのソニーロゴが刻印されていて高級感も申し分なし。

デフォルトでシリコンイヤーピース4種、コンプライのようなウレタン系イヤーピース3種が付属。ウレタン同梱は嬉しいですね。後述しますが、このウレタンイヤピはノイキャン効果をうまくアシストしてると感じました。あとパッケージデザインというか、開封→イヤホンとアプリ連携→イヤピチェックまでの視線誘導がよくできてまして。高級機なのにそのへんに配慮してるの、なんか良いなぁって。

バッテリーは本体6時間(ノイキャンなしで8時間)、ケース充電で24時間。10分の急速充電で90分の再生が可能、デュアルマイクによる高性能ノイキャン、AirPodsライクにイヤホンを外すと自動で再生停止などなど。予備知識はこんなところでしょうか。あ、イヤホン本体はわりと大きめです。

1/4ページ

最終更新:7/19(金) 21:01
ギズモード・ジャパン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事