ここから本文です

DRUM TAO 10月に郡山公演 太鼓の概念覆す舞台体感を

7/19(金) 10:27配信

福島民報

 和太鼓パフォーマンス集団「DRUM TAO」の舞台「ザ・ドラマーズ」は十月二十六日午後六時から、郡山市のけんしん郡山文化センターで開かれる。

 「DRUM TAO」は和太鼓を中心に篠笛(しのぶえ)や三味線、箏などを交えて躍動感ある音楽を表現する。国内外で公演しており、世界観客動員数は八百万人を誇る。

 今回の舞台は「これまでに経験したことのない音楽」をコンセプトに、ライブ感を重視した。「DRUM TAO」が生み出したドラムミュージックを追求し、十八人が映像などを交えながらショーを繰り広げる。

 メンバーの中田勝平(27)と生越寛康(26)は福島民報社を訪れ、「太鼓の概念を覆す舞台。会場で迫力を体感してほしい」と来場を呼び掛けた。

 福島テレビの主催。全席指定でS席六千円、A席五千円(税込み)。未就学児入場不可。けんしん郡山文化センターやうすい百貨店、中合福島店、チケットぴあなどで購入できる。

   ◇    ◇

 「ザ・ドラマーズ」は、十月十日に会津若松市の会津風雅堂、二十七日に棚倉町文化センターでも上演する。

最終更新:7/19(金) 10:27
福島民報

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事