ここから本文です

2020年のiPhoneはToFセンサーがついて背景ボケ撮影が捗るかも

7/19(金) 23:01配信

ギズモード・ジャパン

Androidスマートフォンっぽい。

次期iPhoneではカメラ性能の向上が期待されていますが、2020年の新型iPhoneでは、ToF(Time of Flight)方式による3Dセンサーが搭載されるかもしれません。

台湾紙のDigiTimesによると、Apple(アップル)はToFセンサーの調達についてサードパーティーと調整を行なっているそうです。このToFセンサーとは光の反射する時間差を利用して、物体の位置を検知する技術。Androidスマートフォンでは、すでに採用が進んでいます。

Androidスマートフォンでは、ToFセンサーをボケ撮影に利用しているケースがよく見受けられます。iPhoneのデュアルカメラ搭載機種ではポートレートモードが望遠でしか利用できないのですが、ToFセンサーが搭載されることで、どのレンズでもポートレートモードが使えるようになるかもしれません。

また物体の位置が正確に把握できるということで、AR(拡張現実)やMR(複合現実)分野での応用も期待できそうです。

このようなToFセンサーの採用は、著名アナリストのミンチー・クオ氏も2020年の搭載を指摘していました。

最近はAndroidメーカーに若干水をあけられつつある、iPhoneのカメラ性能。2020年といわず、今年登場する次期iPhoneにもToFセンサーを搭載されたら、うれしいな~なんて…。

Source: DigiTimes via 9to5Mac

塚本直樹

最終更新:7/19(金) 23:01
ギズモード・ジャパン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事