ここから本文です

「日本を任せられぬ」 公明・山口代表、野党批判を展開

7/19(金) 22:00配信

カナロコ by 神奈川新聞

 公明党の山口那津男代表は19日、横浜市内で演説し、消費税率引き上げを決めた2012年の民主、自民、公明の3党合意を挙げ「(当時、民主党にいた)立憲民主党の枝野幸男代表は今になって間違いだったと言っている。無責任な人たちに日本を任せるわけにはいかない」と野党批判を繰り広げた。

 山口氏は消費税を教育費負担軽減などの財源に充てると説明。その上で「立憲民主党や国民民主党は増税を延期しろと言っている。立憲民主党は幼児教育・保育の無償化を進める法律に反対もした。何事かと言いたい」と指摘した。

 参院選神奈川選挙区に立候補している党公認の現職候補の応援演説に立った。

神奈川新聞社

最終更新:7/19(金) 22:04
カナロコ by 神奈川新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事