ここから本文です

井上尚弥 11月有力WBSS決勝へ気合満点

7/19(金) 16:37配信

東スポWeb

 ボクシングWBA&IBFバンタム級王者の井上尚弥(26=大橋)が18日、横浜市内で行われた大橋ジム後援会主催のパーティーに、所属選手らとともに出席した。井上と弟のWBC世界バンタム級暫定王者・拓真(23)兄弟の後援会は2012年からあったものの、ジムの後援会が発足したのは昨年の5月。1年が経過したタイミングで開催されたが、約300人が出席する盛況ぶりだった。

 ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)決勝で5階級制覇王者のレジェンド、ノニト・ドネア(36=フィリピン)との大一番を秋に控える井上は「今まで以上の練習をして優勝できるように頑張りたい。今はマス(ボクシング)中心で感覚を戻している段階だが、8月からはスパーも始める。リフレッシュ期間はもう終わり」と気合満点の表情で語った。

 決戦の場所や日時について大橋秀行会長(54)は「開催地は決まっていないが、時期は11月。第4コーナーを回ったところ」と、交渉が大詰めの段階に来ていることを明かした。

最終更新:7/19(金) 16:41
東スポWeb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事