ここから本文です

これはガチファンが作った史上最高のコンテンツ……! 欅坂46と日向坂46の音楽ゲームアプリ「ユニゾンエアー」を一足早く体験

7/19(金) 7:52配信

ねとらぼ

 欅坂46と日向坂46の初となる音楽ゲームアプリがリリースされると、7月18日のSHOWROOM番組内で明かされました。タイトルは「UNI'S ON AIR(ユニゾンエアー)」。

【画像で見る:ゲームのために撮り下ろしたグラビア写真】

 開発元は「ドラゴンボールZ ドッカンバトル」「ロマンシング サガ リ・ユニバース」などの開発元として知られるモバイルゲーム開発会社「アカツキ」。ねとらぼ編集部では、7月7日掲載の記事「正解率10%以下!? 欅坂46・日向坂46の音楽ゲームアプリへつながる“謎解き問題”が難しすぎると話題に」の取材過程でいち早く、アカツキが欅坂46と日向坂46の初となるゲームアプリを開発していると聞きつけ、取材に訪れました。

 対応してくださったのは、クリエイターチームからプロデューサー、ディレクター、マーケターの方々4人。4人とも欅坂46と日向坂46の大ファンで、「ねとらぼの欅記事はよく読んでいます!」と笑顔で迎えてくださいました。まずは開発に至るまでの道のりをうかがいます。

「クリエイター、且つ、ファンが愛を込めて作ったアプリを届けたい」

――欅坂46ファン、日向坂46ファンにとっては、待望の新ゲームアプリです。開発はいつごろからスタートしていたのでしょうか。

プロデューサー(以下、P):1年ほど前から始めました。もともと僕とディレクターは大の欅坂46・けやき坂46(現・日向坂46)ファンで、たまたま運営サイドからゲームアプリに関するご相談をいただいたことが開発のきっかけです。

――音楽ゲームというところがまたファンの心をぐっとつかむと思うのですが、「音楽で行こう」と決めたきっかけはなんだったのでしょうか。

P:当初はもう少し違う方向も模索していたのですが、アカツキとしては「音楽のチカラで勇気をくれた欅坂46、日向坂46にゲームのチカラで恩返しがしたい!」という想いが強く、「彼女たちの魅力を最大限に発揮できるゲームは音楽ゲームだ」と、運営の方々とお話をさせていただいておりました。

――本アプリ最大の魅力は何でしょうか。

P:やはり、初解禁のライブ映像を実装しているという点です。欅坂46の「夏の全国アリーナツアー2018」と日向坂46(けやき坂46)の「走り出す瞬間ツアー2018」のライブ映像を中心に展開しており、今後は運営の方々ともお話しながらライブ映像を追加していきたいと考えています。

――ちょっといじわるな質問なのですが、一部では「アプリの影響で欅坂46や日向坂46の円盤化が見送られているのでは……」と危惧する声もあります。

P:その点に関しては、円盤とはまた違った、“モバイルゲームだからこそできる音楽体験”をファンの方々に提供したいと考えています。ちなみに私たちも円盤化はすごくすごく楽しみにしているんですよ(笑)。

――運営の今野さんにお願いするしかないですね(笑)。

P:よろしくお願いしたいです(笑)。

――今回アプリ内で使用される写真や素材にも、とんでもないこだわりがあると聞きました。

ディレクター(以下、D):まず全体を通して、欅坂46や日向坂46のアーティスト性や世界観を崩さない、ということにかなり力を入れています。例えばアプリに登場するプロフィール写真などは、世界観を作りこんだセットでプロカメラマンが1枚1枚丁寧に撮影しています。

 私たちはメンバーの皆さんにも、ファンの皆さんにも喜んでいただきたいと考えて、細かいディティールも含めてすべてに全力を注いでいます。いわば究極の“ファン心理の延長”です……!

――最高と言わざるを得ない熱量で、早くゲームがプレイしたくなります。今回ライブ映像はもちろん、写真もふんだんに使われているんですよね。

P:はい、すばらしいライブ写真はもちろんのこと、撮り下ろしのオリジナルグラビア写真などが盛りだくさんです。「楽曲はよく聴くけれど、メンバーみんなのことはまだ詳しくない」といった人にも、メンバーの魅力がさらに伝わればうれしいですね。

――最後にタイトルの「ユニゾンエアー」はどんな意味なのでしょうか。

P:「UNI'S ON AIR(ユニゾンエアー)」というタイトルには、私たちが欅坂46と日向坂46からもらった勇気や癒し。そして2グループが放つメッセージを「そして、また誰かに響かせたい」という思いや応援の気持ちが込められています。ファンが愛を込めて作ったアプリを、早く皆さんにお届けしたいです……!

1/3ページ

最終更新:7/19(金) 10:19
ねとらぼ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事