ここから本文です

Lamp・榊原香保里が歌うMinuanoの3rdアルバム発売、永井祐介と染谷大陽も参加

7/19(金) 12:32配信

音楽ナタリー

Minuanoの3rdアルバム「蝶になる夢を見た」が8月11日に発売される。

Minuanoは長年Lampのサポートを務める尾方伯郎がLampの榊原香保里をボーカルとして迎えたユニット。2009年3月に1stアルバム「Love logic」、2010年4月に2ndアルバム「ある春の恋人」 を発表した。約9年ぶりのリリースとなる3rdアルバムは表題曲「蝶になる夢を見た」を含む全13曲入りで、レコーディングにはLampの永井祐介と染谷大陽も参加している。YouTubeではアルバムのダイジェスト映像を公開中。

【動画】Minuano 3rd Album『蝶になる夢を見た』(メディアギャラリー他1件)

■ 尾方伯郎 コメント
かつてMinuanoが発表した2枚のアルバムは、MPB、Jazz、シティーポップ、ソフトロックなど、影響を受けてきた音楽や当時新たに関心を持ち始めていたジャンルへの憧憬をモチベーションにして制作しました。一方で今回の新作は、内側から湧き上がった音をそのまま捉えるという、以前とは少し違った過程の中で生まれています。

それは、自分さえ知りえなかった別の自分を再発見するプロセスでもあり、また同時に、音楽それ自身が個人の手を離れ、ひとりでに成長していく姿を目の当たりにする体験でもありました。作品が出来上がった今もなお、満足感とも充実感とも言いようのない不思議な感覚に囚われています。とにもかくにも、9年振りの新作がいま完成したのです。

■ Minuano「蝶になる夢を見た」収録曲
01. 蝶のみた夢
02. 春時雨の夜にさよなら
03. 終わりのない季節
04. ソーダ水の想い出
05. 素敵な時間旅行
06. 彷徨う心は海
07. 群青の世界
08. 流星綺譚
09. 蜃気楼
10. 夏の幻影
11. 機械仕掛けのハートのための不完全な戯曲
12. ダンス
13. 真夜中のラウンジ

最終更新:7/19(金) 12:32
音楽ナタリー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事