ここから本文です

西野朗氏がタイ代表監督就任会見「覚悟を持ってタイサッカーに入っていきたい」

7/19(金) 15:15配信

デイリースポーツ

 サッカー前日本代表監督の西野朗氏(64)が19日、都内でタイ代表監督及びタイU-23代表監督就任会見に出席した。

 「忙しいとこ、すいません」とダンディな笑顔を見せた西野監督は「このたび、タイサッカー協会からタイ代表監督そしてU23代表監督として招へいを受け、これから調印させていただきますけど、引き受けることにしました。ここに報告させていただきます」と挨拶した。

 G大阪をはじめとする数々の国内クラブ、そして各カテゴリでの代表監督と経験豊富な西野監督だが、「他国でしかも代表チームの監督を率いるというのは、簡単なことではないと思います」と語った。秋からW杯予選が始まる中で、タイの選手の試合も「数試合」を見た程度で、これから研さんを積まなければいけないとも自覚している。その上で、「強いチャレンジをしていかないといけないと思います。覚悟を持ってタイサッカーに入っていきたいと思います」と決意を示した。

 タイ代表は2022W杯カタール大会アジア2次予選でUAE、ベトナム、マレーシア、インドネシアと東南アジア諸国の多い組み合わせでG組に入った。日本はキルギス、タジキスタン、ミャンマー、モンゴルと同じF組。8組に分かれ、上位1位チームと2位チームのうち、成績上位の4チームの合計12チームが最終予選へ進出する。

 西野氏は、2018年W杯ロシア大会で、直前に解任されたハリルホジッチ元監督の後を受けて本大会を指揮。日本をベスト16に導いた。

 W杯2次予選は9月から始まるため、準備期間は約1カ月半しかない。ある意味、ロシアW杯と似たような状況にあるため、「時間がないというのは慣れているということではないんですけど」とこぼして、会見場内の笑いを誘う場面もあった。「そう簡単に何度も成功することではないと。それでもそういう中でチャレンジはしていきたいなと思っています」と前向きに語った。

 今後に向けては、「東南アジアのリーダーとなれるような」、「日本チームとしっかり戦えるようなレベルアップを」とも語った西野監督。突き詰めると、U-23代表チームは東京五輪出場、A代表はW杯カタール大会出場が目標になるが、「初戦の9月5日のベトナム戦を皮切りに、予選の戦い方をまずしっかりと、とらえていきたいなというところですね」と地に足をつけた発言をした。「先を見据えてというよりは一戦一戦、自分にとっても初戦になるので厳しいゲームになる」と率直な思いを述べた。

最終更新:7/19(金) 16:08
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事