ここから本文です

ダービー馬ロジャーバローズが栗東に帰厩

7/19(金) 16:53配信

デイリースポーツ

 凱旋門賞・仏G1(10月6日・パリロンシャン)挑戦するダービー馬ロジャーバローズ(牡3歳、栗東・角居勝彦厩舎)が19日、放牧先から栗東トレセンに帰厩した。

 担当の米林助手は「ダービーの消耗を引きずるかと思っていましたが、思っていたよりも回復しました。検疫馬房のカイバも全て食べていましたよ。正直、7月末では厳しいかなと半信半疑でしたが、これが血統の底力、回復力なんですね」と目を細める。

 現在は約510キロで前走比24キロ増。20日から坂路での調教を開始する予定で、「まだ出国まで1カ月ありますからね。コンディションを見ながらやっていきたいと思います」と今後の見通しを語った。

 来週には、ともに仏遠征を予定する僚馬キセキ(牡5歳)も帰厩する予定。

最終更新:7/19(金) 17:29
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事