ここから本文です

村田諒太に敗れた前王者ブラントが3度目の対戦希望か

7/19(金) 13:19配信

スポーツ報知

 米スポーツ専門局ESPN(電子版)は18日(日本時間19日)、プロボクシングWBA世界ミドル級王者・村田諒太(33)=帝拳=に敗れた前王者ロブ・ブラント(28)=米国=が、契約に含まれていた再戦条項の権利を行使すると報じた。ブラント陣営のプロモーターのグレッグ・コーエン氏が明らかにした。日時と場所は未定という。

【写真】村田勝利に涙ぐむラウンドガール

 ブラントは12日に大阪で行われた世界タイトルマッチで村田と再戦したが、メッタ打ちにされ2回2分34秒でTKO負けを喫し、2度目の防衛に失敗。王座から陥落した。試合後は「日本のファンが情熱的な応援をくれて良かった。3度目の村田戦があってもいい」と話していた。

 初対戦となった昨年10月の試合ではブラントが判定勝ちし、村田から王座を奪取した。「村田対ブラント」が実現すれば3度目の対戦となる。

最終更新:7/19(金) 15:32
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事