ここから本文です

巨人 ラッキーな先制も…その後の無死満塁で得点できず

7/19(金) 18:50配信

デイリースポーツ

 「広島-巨人」(19日、マツダスタジアム)

 巨人がラッキーな形で先制点をつかみ取った。

 初回。先頭の亀井が右線二塁打で出塁し、続く坂本勇が左前打でつないだ。無死一、三塁の好機を迎え、3番の丸は広島先発・大瀬良を相手に二ゴロ。併殺打かと思われたが、名手の広島・菊池涼が打球を後ろにそらす(記録は失策)間に三走の亀井が先制のホームを踏んだ。

 しかし、4番岡本が四球を選び、無死満塁で大城、若林、ビヤヌエバが凡退。絶好機を逃した。

最終更新:7/19(金) 19:08
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事