ここから本文です

「ターミネーター」新作にエドワード・ファーロングが復帰!米コミコンで発表

7/19(金) 19:26配信

映画ナタリー

「ターミネーター:ニュー・フェイト」にエドワード・ファーロングが出演することが明らかに。米サンディエゴで開催中のコミコン・インターナショナルにて、現地時間7月18日に発表された。

【動画】「ターミネーター:ニュー・フェイト」特報【私はサラ・コナー】編(メディアギャラリー他6件)

イベントのオープニングでは、本作のプロデュースを担当したジェームズ・キャメロンが、「アバター」続編の撮影現場からライブストリーミングで登場。キャメロンの口から「ターミネーター2」でジョン・コナーを演じたファーロングが、本作で再登板することが告げられると会場からは大きな歓声が沸いた。

「ターミネーター2」以降はシリーズへの直接的な関与がなかったキャメロン。「本作での復帰にあたって、僕にはどうしても叶えたいことがあった。アーノルド・シュワルツェネッガーとリンダ・ハミルトンの復帰だ。人々はT-800とサラ・コナーをとても愛し、彼らが今どうしているのか知りたがっている。僕たちは、これまで誰も見たことがない素晴らしいものを描くことができたと思うよ」と自信をのぞかせた。

イベントには、T-800役のアーノルド・シュワルツェネッガー、サラ・コナー役のリンダ・ハミルトンのほか、キャストのマッケンジー・デイヴィス、ナタリア・レイエス、ガブリエル・ルナ、監督のティム・ミラーが出席。シュワルツェネッガーは、「僕は『ターミネーター』中毒だから本作に戻ってくる必要があったんだ。みんなは、本作が本当に素晴らしいものになっているから驚くと思うよ」とファンに向けてメッセージを贈る。サラ・コナー役のハミルトンは「キャラクターは同じだけど時がすべてを変える、ということにとても興味を惹かれた。すごくたくさんの可能性があると感じたわ。私がサラ・コナーをさらに掘り下げることができると思ったの」と役柄への愛着を語った。

「ターミネーター:ニュー・フェイト」は11月8日より全国で公開。



(c)2019 Skydance Productions, LLC, Paramount Pictures Corporation and Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.

最終更新:7/19(金) 19:26
映画ナタリー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事