ここから本文です

楽天・美馬、完全試合あと3人で逃す 明石に四球…続けて安打、失点 完投6勝目

7/19(金) 21:00配信

デイリースポーツ

 「楽天5-1ソフトバンク」(19日、楽天生命パーク宮城)

 楽天の先発・美馬学投手が八回終了の時点でパーフェクトピッチングを続けていたが、九回先頭の明石に四球を出し、さらに代打の栗原に左前打を許してノーヒットノーランも逃した。

【写真】RG、消えた完全試合をネタに

 八回まで打者24人を打ち取ってきた美馬だったが、独特な緊張感もあってか、抜群の安定感を誇っていた制球が明石に対しては乱れた。続けてヒットも出してしまった。

 4巡目に入って上林が右越えに適時三塁打を放ち、完封勝利もならず。ただ、ソフトバンクの反撃をここで断って完投での6勝目を挙げた。

 打線は五回に茂木の10号ソロ、銀次の2点適時二塁打などで4点を奪い美馬を援護した。1994年の槙原寛己(巨人)以来となる完全試合こそならなかったものの、美馬も見事な投球で本拠地のファンを喜ばせた。

最終更新:7/19(金) 21:22
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合8/26(月) 10:35

あなたにおすすめの記事