ここから本文です

巨人・菅野は七回途中4失点で降板 9勝目の権利は何とか残る

7/19(金) 21:19配信

デイリースポーツ

 「広島-巨人」(19日、マツダスタジアム)

 巨人・菅野智之投手が、6回2/3を7安打4失点で降板した。

【写真】球宴では存在感を発揮した菅野だが…

 立ち上がりは快調に飛ばした。三回まで安打を許さず4奪三振。だが、5点リードの四回に鈴木、五回に西川に適時打を浴びてそれぞれ1失点。徐々にカープへ流れが傾き、5-2の六回には安部に右越えにソロを浴び、マウンドで険しい表情を浮かべた。

 七回は小園、代打・野間を連続三振に仕留めたが、西川に二塁打を浴び、菊池涼に適時三塁打を打たれた。1点差に迫られ、原監督の我慢も限界し、交代となった。この後、2死三塁のピンチはデラロサがバティスタを三振に仕留めてリードをキープした。

 今季開幕戦で投げ負けた大瀬良とのエース対決。この夜は大瀬良よりもマウンドに長く君臨し、9勝目の権利は持って降板となったが、不完全燃焼の登板になったようだ。

最終更新:7/19(金) 21:40
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事