ここから本文です

西野氏、タイを日本の強敵に…代表監督就任会見

7/20(土) 6:14配信

スポーツ報知

 タイ代表監督に就任した日本代表前監督の西野朗氏(64)が19日、都内のホテルで正式契約を交わし、記者会見を行った。

 U―23代表監督も兼任する同氏は、就任の決め手について、タイ協会が持つ成長への「情熱」とチームを率いることの「幸せ感」と説明。「タイサッカーが日本としっかりと戦えるように、これから成長させたい」と意気込みを語った。近日中にもタイへ渡り、初陣は9月5日のW杯アジア2次予選ベトナム戦になる見込み。

 監督就任の打診が届いたのは6月中旬。J1最多の通算270勝、昨夏のロシアW杯で日本を16強に導いた手腕を、同国のソムヨット会長から「日本と同じようにタイを成長させてくれると確信している」と評価された。そこに指導者としての純粋な思いが重なり「選手たちをレベルアップさせ、次のステージに上げていく喜びは指導者冥利に尽きる。ましてや代表を率いられるっていう幸せはなかなかない」と決断した。

 初陣まで残り2か月を切った。「時間がないっていうのは慣れているわけでないが、チャレンジする」と、ロシアW杯2か月前に日本代表監督に就任したことを思い浮かべて笑った指揮官。「(W杯)初出場に導く一助になりたい」と誓った。(内田 知宏)

最終更新:7/21(日) 6:48
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事