ここから本文です

三遊亭円楽が療養 長男・会一太郎が言及 タカの言葉にツッコミも「悪口と腹も…」

7/19(金) 16:38配信

オリコン

 脳に腫瘍が見つかり3週間程度、検査・治療のため入院および療養する落語家・三遊亭円楽(69)の長男で声優の会一太郎が19日、自身のツイッターを更新。『ミヤネ屋』に出演していたガダルカナル・タカの発言にツッコんだ。

【写真】三遊亭円楽、“かわいらしい女の子”との肩組みショットで笑顔

 この日、読売テレビの『情報ライブ ミヤネ屋』(月~金 後1:55~3:50)では、円楽のニュースをピックアップ。会は、番組を観ていたようで、ゲスト出演していたガダルカナル・タカが発言していた「悪いところこの際全部治して、ゆっくり治療して下さって」とのコメントをツイッターで紹介した。

 タカの言葉に対し会は「ありがとうございます」と感謝。それでも「ただ悪いところ全部となると、悪口と腹も直さないとなんで、3週間じゃちょっと…」「とか思いながらテレビ見てます」(原文ママ)とツッコミを入れた。

 同日、円楽の所属事務所は「一ヶ月ほど前から、気分の落ち込み等本人の自覚や周囲の勧めがあったことから、念の為と医療機関を受診したところ、脳に腫瘍が発見されました」と説明し「部位が脳であることを鑑み、主治医の判断で、3週間程度、検査と治療のための入院および療養をいたします」と報告。

 円楽本人については「日常生活はこれまでと全く変わらず行える状況ですので、今回も早期発見ということで、前向きに治療に取り組む所存です」と明かし「本日から、8月上旬までのお仕事をお休みを頂戴し、その後の復帰につきましては、治療の状況を見て検討・判断させていただきます」と伝えた。

最終更新:7/21(日) 18:25
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事