ここから本文です

ジミー・ペイジ、ウィルコ・ジョンソンにバースデー・メッセージ

7/19(金) 20:09配信

BARKS

7月12日は、ウィルコ・ジョンソンの72歳の誕生日だった。

ジミー・ペイジはこの日、ウィルコの写真をインスタグラムに投稿し、「1947年のこの日、ウィルコ・ジョンソン、ドクター・フィールグッドのギタリスト、シンガー/ソングライターが誕生した。僕は2013年5月に(ロンドンのライブ会場)Kokoでウィルコのパフォーマンスを観た。素晴らしい雰囲気だった! これは、当初、彼のフェアウェル・ツアーと題されていた(その後、ロジャー・ダルトリーとのコラボ・アルバム『Going Back Home』と続いた)。でも、有難いことに、ウィルコは健康問題から奇跡の生還を果たし、いまも全力でパフォーマンスしている。ハッピー・バースデー、ウィルコ」とのメッセージを添えた。

◆ウィルコ・ジョンソン画像

ウィルコのTwitterはこれに「@JimmyPage、素敵な誕生日のお祝いの言葉をありがとう」と返している。

ウィルコは2012年終わり、末期がんで余命9~10ヶ月と診断され、翌年、フェアウェル・ツアーを開催した。しかし、余命わずかとは思えないその元気な姿に疑問を抱いたファン、外科医のチャーリー・チャン氏が専門医とウィルコを再検査したところ、神経内分泌腫瘍であることが判明。無理だと言われていた腫瘍を切除することができ、ウィルコは2014年秋、癌を克服したと宣言した。

Ako Suzuki

最終更新:7/19(金) 20:09
BARKS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事