ここから本文です

少年らバイク集団暴走 容疑で2人逮捕 鈴鹿署 三重

7/19(金) 11:00配信

伊勢新聞

 【鈴鹿】バイクで集団暴走をしたとして、三重県の鈴鹿署は18日、道交法違反(共同危険行為等の禁止)の疑いで、鈴鹿市白子町、とび職少年(19)と同市池田町、鍛冶工少年(18)を逮捕した。

 逮捕容疑は仲間数人と共謀して5月19日午後5時15分ごろ、鈴鹿市庄野共進二丁目の県道でマフラーを交換するなど違法改造したバイク5台で信号無視や蛇行運転などの集団暴走をし、一般車両に交通の危険や迷惑を及ぼす行為をした疑い。

 同署によると、一般からの通報を受け、周辺の防犯カメラの映像や関係者への聞き取りなどから、今月1日に別の少年3人を同容疑で逮捕。その後も共犯者について捜査を続けていた。少年らは「間違いないと思うがよく覚えていない」などと容疑を一部否認している。

伊勢新聞

最終更新:7/19(金) 11:00
伊勢新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事