ここから本文です

週間 週末は台風と前線の影響 週明けの天気

7/19(金) 12:02配信

tenki.jp

大型の台風5号は、東シナ海を北上し、あさって21日(日)には朝鮮半島付近に進む。また、梅雨前線が本州付近に停滞する。台風と前線は今後どのように影響するのか。最新の情報をチェック。

海のレジャーは避けて

大型の台風5号は、きょう19日(金)午前9時現在、東シナ海を北上しています。沖縄では海上を中心に最大で20メートルの風が吹き、瞬間的には30メートルの非常に強い風が吹くでしょう。何かにつかまっていないと立っていられないくらいで、看板などが落下するほどの非常に強い風です。
また、海ではうねりを伴って大しけとなっています。
九州北部でも、あす20日(土)は、風が非常に強く吹き荒れ、大しけの状態が続く見込みです。
海のレジャーは、とても危険です。できるだけ避けた方が良さそうです。また、台風が去った後も、波の高い状態が続きます。海へお出かけされる方は、十分ご注意ください。

西日本 あさって(日)まで大雨続く

太平洋高気圧からの暖かく湿った空気に加え、台風周辺の暖かく湿った空気が流れ込み、西日本では大気の非常に不安定な状態が続く見込みです。特に、九州や四国では、あさって21日(日)にかけて、大雨が長引くおそれがあります。
四国ではきょう19日(金)午前11時までの24時間雨量が、すでに200ミリを超えている所があります。また、山口県や長崎県など九州北部でも150ミリを超えている所があります。あす20日(土)午前6時までの24時間降水量は、多い所で九州北部では200ミリ、九州南部で180ミリ、四国、沖縄で150ミリとなっています。さらに、あさって(日)午前6時までの24時間で、四国、九州北部、九州南部では200~300ミリが予想されています。よりいっそう土砂災害や河川の増水などに警戒が必要です。

週明けの天気 変わりました

台風5号は22日(月)の明け方には、日本海北部へ進む見込みです。台風の北上とともに、梅雨前線も北上し、九州北部では晴れ間の出る日が多くなるでしょう。近畿ではきのう19日(金)の予報とは変わり、少し遅れての25日頃から日差しが届きそうです。関東も25日(木)頃以降は、青空が見えるでしょう。
きのう19日(金)に発表された1か月予報によりますと、7月27日頃からは西日本と東日本では晴れて、最高気温は平年並みの日が多く、夏らしい暑さとなりそうです。梅雨明けをすると、強い日差しで急に暑くなり、熱中症にかかりやすくなります。夏本番はすぐそこまで来ていますので、暑さに負けない体作りをしておきましょう。
①水分をこまめにとる②塩分をほどよくとる③質が良く、しっかりとした睡眠④バランスの良い食事。これらのことを心がけておくと良さそうです。

日本気象協会 本社 岡本 朋子

最終更新:7/19(金) 12:02
tenki.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事