ここから本文です

『ドラえもん』声優・水田わさび、夫から「やめるなら今」と言われた過去…大原めぐみと語る15年目の思い

7/19(金) 7:00配信

AbemaTIMES

 今年放送40周年を迎える人気アニメ『ドラえもん』(テレビ朝日系)。今回『ドラえもん』ではアニメ放送40周年を記念して、19日の地上波では『40周年だよ!ドラえもん1時間スペシャル』がオンエアされる。2005年に大山のぶ代、小原乃梨子という大ベテランから、それぞれ大役を受け継いだドラえもん役の水田わさび、のび太役の大原めぐみからコメントが寄せられた。

【画像】40年の歴史で最大の衝撃? ドラミのプレゼントで青い姿に戻れなくなったドラえもんの姿


■「やめるなら今だ!」と夫から反対も? 水田わさび&大原めぐみが秘話告白

【水田わさび(ドラえもん役)コメント】
――テレビアニメ放送40周年と聞いて思うことは?

水田:40年って本当にスゴイ! ただその一言です。40年間、変わらずお送りできたのは、ひとえに視聴者の皆様のおかげだと思っています。

――ドラえもん役を受け継いだときの心境を教えてください。

水田:ドラえもん役を引き継いだときは、何にも考える余裕がありませんでした。ただ藤子・F・不二雄先生を崇拝している夫から、「お前には務まらない。やめるなら今だ」と言われたことは、一生忘れられないです。その言葉で、それだけ大きな作品のキャラクターを演じることになったんだということを実感しました。とにかくドラちゃんは丸くてカワイイので、私はかわいく演じることを心がけています。

――『ドラえもん』から学んだことは?

水田:“最後は自分で努力しなくちゃいけないよ”ということ、あとは“ピンチがあっても絶対に味方がいてくれる”ということでしょうか。味方って、友だちじゃなくてもゲームでも本でもいいと思うんです。“精神的な支えになってくれるものは、キミのまわりに必ずあるから大丈夫だよ”というメッセージが作品に込められていると思っています。また、藤子・F・不二雄先生は環境問題や平和の尊さなども描いていて、『ドラえもん』という作品だからこそ伝えられるものがあるなと思っています。

――『40周年だよ!ドラえもん1時間スペシャル』のみどころを教えてください!

水田:『イロガラドラえもん』は、演じていて最高に楽しかったです。ものすごい“変化(へんげ)っぷり”がかわいく描かれているので、ぜひ見ていただきたいです。また、『22世紀で夏休み』は離れていてもドラえもんとのび太の友情を感じるおはなし。改めてのび太くんが愛おしくなりました。乞うご期待です!


【大原めぐみ(のび太役)コメント】
――テレビアニメ放送40周年と聞いて思うことは?

大原:携帯電話や翻訳機がなかった時代に、藤子・F・不二雄先生がすでにそれを描いていた、ということがまず素晴らしいですよね! “あったらいいな”が実現していくなんて本当にスゴイことで、言い換えれば先生の想像力が今の時代を作ったのかもしれない…。『ドラえもん』の魅力は、子どもたちも感情移入しながら一緒にハラハラドキドキして見ることができるところだと思っています。

――のび太、そしてドラえもんというキャラクターについて思うことは?

大原:のび太くんは自分のためにはあまり力を発揮できないけれど、人のためだったら普段できないようなことでも頑張れる、勇気を持っている男の子。私はそういう、のび太くんの男前なところが好き。心がピュアだからこそ、まわりが助けたくなる“愛されキャラ”でもありますよね! ドラえもんはそんなのび太くんの最強の味方。本気で叱ってくれるし、一緒に喜んでくれる……。親のような、兄弟のような、親友のような…いろいろな面を持っていて、のび太くんと本気で向き合ってくれる存在です。

――のび太役を演じるにあたって心がけていることは?

大原:のび太くんを演じるにあたっては、相手のセリフをちゃんと聞いて、彼がなぜそう思ったか考えながらセリフに気持ちを込めて発するようにしてきました。自分なりの信念を持って、言葉に責任を持ってセリフを言うようにしてきたつもりです。

――のび太役を演じてきて15年目。今の思いを聞かせてください!

大原:15年目を迎えられたのは、支えてくれたスタッフさんや仲間、家族のおかげ。まずみなさんに感謝の気持ちを伝えたいです。監督さんが以前、「誰かの心に残るものを作りたい」とおっしゃっていたのですが、私もその気持ちを大切にのび太くんと向き合ってドラえもんを盛り上げていきたいです。

1/2ページ

最終更新:7/19(金) 12:55
AbemaTIMES

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事