ここから本文です

トランプ大統領のビットコインのツイートがもたらす変化

7/19(金) 7:08配信

CoinDesk Japan

はっきりさせておこう。ビットコインと、フェイスブック(Facebook)の仮想通貨リブラ(Libra)に対するドナルド・トランプ米大統領の批評を非常に重要なものにしたのは、2019年7月11日付のツイートの中身ではない。

トランプ大統領が、自身は「『はっきりとした基礎を持たず』『非常にボラティリティが高く』『不法な行為を助長する』仮想通貨の『ファンではない』」と公言したことや「『アメリカドル』という名の『頼もしく信頼できる』通貨」の方がずっと好ましいと述べたのは驚くべきことではない。

重要なのは、現役の大統領が仮想通貨に言及したという事実そのものなのだ。確かに価格の観点から言えば、トランプ大統領の軽蔑的な発言は結局のところ、ビットコインにとってプラスとなるものだ。2019年7月12日(現地時間)夕方までには、ツイート以後の価格変動がそのことを反映している。

さらに重要なことに、今回のツイートは、マネーと政策を巡る公の会話において、徐々に確実に増している仮想通貨の持つ存在感を象徴する節目となるものだ。

グローバルなマネーシステムの形を巡る壮大な戦いの始まりともなる。

買うことのできない注目

トランプ大統領の侮辱ツイートがビットコイン価格にとってなぜプラスとなるのだろうか。成功のためにはビットコインは現実世界に意味を持ったものである必要があるが、今回のツイートは少なくとも、権力の中枢がその意味を認めるものだった。

単に言及するということだけで、トランプ大統領はアメリカの権力機構の高いレベルにいる人たちが、仮想通貨テクノロジーが権力機構に突きつける課題を認識していることを認めたのだ。

もう一つ重要なのは、今回のツイートが、連邦準備制度理事会(FRB)議長のジェローム・パウエル(Jerome Powell)氏が上院への証言で、ビットコインを支払いの手段ではなく「金に代わるもの…価値の保存…投機的な価値の保存」と表現してからすぐになされたという点だ。パウエル氏は、トランプ大統領のお気に入りの批判対象の1人である。

パウエル氏は、同氏自身がビットコインを金(ゴールド)のようなものと考えていると言った訳ではない。大半のビットコインユーザーが現在、ビットコインをどのように扱っているかに言及したもので、そういう意味では、同氏は単に事実を述べていたに過ぎない。それでも、古代からの価値保存手段である金に代わるデジタル時代の産物であるというビットコインの主張にある種の正当性を与えた。

法定通貨時代に金が、国家通貨に内在する政治的リスクへの防御策としてどのように使われていたかを考えると、この2つの発言はビットコインが21世紀における金の役割を果たすべきと主張する人にとってこれ以上は望めないようなものであった。

考えてみてほしい。世界で最も強力な中央銀行の人間にビットコインをそんな風に形容させることに成功したのだ。その直後、世界で最も強力な政府を指揮する利己的な政治家によるツイートが、そのような防御の必要性を示した。

1/4ページ

最終更新:7/19(金) 7:08
CoinDesk Japan

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事