ここから本文です

全英OP開幕!稲森が日本勢トップの20位 松山は42位、ウッズ、マキロイは出遅れ

7/19(金) 5:52配信

my caddie

 今季最後のメジャー大会「全英オープン」は18日、北アイルランドのロイヤル・ポートラッシュGC(7344ヤード・パー71)で第1ラウンドが行われ、稲森佑貴が3バーディ、2ボギーの「70」を記録し、日本勢トップとなる1アンダー20位タイと好スタートを切っている。

【最新】男子世界ランキング TOP100

 松山英樹は3バーディ、3ボギーの「71」で回り、イーブンパー42位タイで初日を終えた。

 その他日本勢は、堀川未来夢がイーブンパー42位タイ、浅地洋佑が1オーバー54位タイ、アマチュアの金谷拓実(東北福祉大3年)が2オーバー72位タイと上々の滑り出し。

 藤本佳則は4オーバー113位タイ、池田勇太は5オーバー128位タイ、今平周吾は12オーバー153位タイと出遅れた。

 5アンダー単独首位はJ.B.ホームズ(米)。1打差単独2位にシェーン・ロウリー(アイルランド)、2打差3位タイにブルックス・ケプカ(米)、ジョン・ラーム(スペイン)らが続く。

 大会3勝のタイガー・ウッズ(米)は1バーディ、6ボギー、1ダブルボギーの「78」で、7オーバー144位タイ。地元のローリー・マキロイは1番パー4で「8」を叩くなど、8オーバー150位タイと大きく出遅れている。

最終更新:7/19(金) 6:25
my caddie

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事