ここから本文です

トヨタ・カローラの伝説。初代と並び最高傑作と言われた7代目とは?

7/19(金) 7:00配信

LEON.JP

日本の自動車産業が確実に世界を超えようとしていた80年代末。1台の国民的大衆車の開発に参加していた自動車ジャーナリスト・岡崎宏司がその思い出を語ります。

7代目カローラはすごかった!

初代カローラは1966年生まれだが、現在のモデルは12代目に当たる。最近の日本市場での販売こそ芳しくないが、世界市場では、ホンダ・シビックやVWゴルフを大きく引き離して首位の座を堅持している。

僕は初代カローラから12代目までのすべてに乗っているが、記憶にもっとも強く残っているのは初代と7代目。

初代は、1966年当時、「マイカー」を持ちたいと願っていた人たちの心を鷲づかみにした。「プラス100ccの余裕」というキャッチコピー通り、誰もがわかりやすい形でライバルたちに差をつけていた。

内外装の仕上げ/質感は大衆車のレベルを大きく超えており、「驚きの」と表現できるものだった。10年ほど前、初代カローラに触れる機会があったが、その質感の高さに改めて驚かされたものだ。

初期段階から開発に参加。山岳路を走りまくった

話はいきなり本題の7代目に飛ぶが、7代目は初代で抱いた驚きを再現したカローラであり、加えて、初期段階から開発に参加した思い出深いクルマでもある。

7代目の開発責任者(以後CE)は、後に副社長にまでなられた方で、快活でパワフル。一緒に仕事をしていて、とても楽しい方でもあった。

初期の試作車のテストから参加したが、テストの場は東富士と北海道士別の試験場が中心。
僕がもっとも多く走ったのは、山岳路を想定した士別のハンドリング路。かなりきついアップダウンと複雑なコーナーが連続する難コースだ。

そんなコースを、いうならば「足腰が定まっていない」試作車で走るのだから当然厳しい。

いちばん厳しかったのは、まだエンジンマウントが定まっていない状態での走り。加速、減速、コーナリング、、アクションを起こす度に、エンジンを中心にパワートレインが大きく揺れ動く。

特に下りの急なコーナーでのブレーキングなどでは、エンジンが外れて飛び出すのではないか……そんな恐怖にさえ駆られた。冗談なんかではない。真面目な話、そう感じたのだ。

重いパワートレインが大きく揺れ動けば、むろん挙動に影響が出る。コントロールは難しくなる。とくに下りでの強いブレーキングは難しかったし、怖かった。

あまり不安だったので、ピットインし、CEに「エンジンが飛び出してしまいそうな感じです。怖い!」と訴えたのだが、「いやぁ、大丈夫ですよ。心配いりません」との答えが、明るい声と笑顔と共に返ってきただけ。

となれば、その言葉を信じるしかないので、怖さを必死に封じ込めて走り続けた。

でも、助手席で僕のコメントをメモしていた方(実験部課長)は、自分でハンドルを握っていないのだから、僕よりずっと怖かったはず。ときどき身体が強ばるのがわかった。

この方、かなりタフな運転もするし、ご自身が厳しい評価者でもあった。が、評価の方向は僕とほとんど同じで、大きな食い違いが出ることはまずなかった。

気心も合ったし、個人的にも親しくさせて頂いた。その絆は今もずっと続いている。

1/2ページ

最終更新:7/19(金) 13:06
LEON.JP

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事