ここから本文です

相手に喜んでもらう方法はシンプル!? 藤田晋が懇願「こんな気づかいはやめてほしい」

7/19(金) 12:13配信

新R25

ビジネスパーソンとして日々必要となる「気づかい」。仕事の場のみならず、飲み会や接待の場でも、多くの人がさまざまな「気づかい」をしています。

しかしそんななか、「ヘンな気づかいはやめてほしい」と懇願する男がひとり。

サイバーエージェント代表取締役社長・藤田晋です。

「俺の話は面白くないからあまり取材は受けたくないんだけど、この話ならしてもいい」

ということなので、社長室を訪れてみました。

〈聞き手=天野俊吉(新R25副編集長)〉

「ハッキリ言って好感度を気にしてる」

天野:
藤田社長の「755」(SNS)を見たんですが、「やめてほしい気づかい」の例について投稿してますね。

藤田:
うん。これについてはすごい言いたいことがあってさ。

ヘンに気をつかって、俺のことをエラい人みたいに扱うのはやめてほしいんだよ。

天野:
なぜ「エラい人のように扱われること」を気にするんでしょうか?

藤田:
俺が威張ってるみたいに見えるじゃん。好感度が下がるのよ。

天野:
社長の口から「好感度」という言葉が出るとは…

ぶっちゃけ、好感度って気にしてるんですか?

藤田:
ハッキリ言って…気にしてるね。

今の時代の好感度って何かっていうと、ウソがないこと。言い換えれば、その人の“人となり”がまっすぐ伝わることなんだよ。

天野:
今は“ウソがバレる時代”ってよく聞きますしね。

藤田:
だから、俺は本当は威張ってないのに、威張ってるように見えたらイヤなわけ。

堀江(貴文)さんも、ああ見えて好感度高いじゃない?

それは堀江さんが本音で喋ってて、実体とのブレがないからだよね。

天野:
なるほど…

藤田晋が「やめてほしい気づかい」たち

天野:
ここに書かれてる以外にも「やめてほしい気づかい」ってありますか?

藤田:
最近イヤなのは、立たせてもらえないこと。

天野:
立たせてもらえない?

藤田:
ちょっとでもオレが立ってると、「社長、お掛けください!」ってイスに座らせられるのよ。

天野:
そうしちゃう気持ちはわかりますが…

藤田:
こんなこと言ったらイヤミに聞こえるかもしれないけど、こっちは20代のころからどこ行くにも社用車がついてるわけ。

だから、ちょっとは歩かせてもらわないと足腰がダメになっちゃうんだよ。

あとはさ…社員と飲み会に行くと、まずみんな生ビールを頼むじゃん。

天野:
はい。

藤田:
で、端の席から順番にビールが置かれていくと、お店の人に「最初に社長に出してください!!」とかいう社員がいるわけ。

天野:
それはなにか問題が…?

藤田:
全員分そろって乾杯するころには俺のビールの泡がなくなってるじゃん。

天野:
たしかに…

藤田:
こんな話ばっかりしてると、俺がちっちゃいヤツみたいなんだけどさ。

天野:
そうですね…ちょっと…

1/3ページ

最終更新:7/19(金) 12:13
新R25

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事