ここから本文です

4議席に12人も立候補…乱戦を勝ち抜け!参院選愛知選挙区 候補者達の人柄クッキリ独自戦略

7/19(金) 10:40配信

東海テレビ

4つの議席に12人の候補者が乱立する参議院選挙の愛知選挙区では、激戦を勝ち抜こうと驚くような知恵を絞った戦いが行われています。ユニーク作戦を取材しました。

【画像で見る】4議席に12人も立候補…乱戦を勝ち抜け!参院選愛知選挙区 候補者達の人柄クッキリ独自戦略

■10年来の“相棒”と…立憲民主党の新人・田島麻衣子さん(42)

田島さん:
「今は浴衣を着ていますが、去年まではですね、人道支援服を着て国連職員を現場でやっておりました」

アフリカの難民キャンプなどで働いた元国連職員だけあって、選挙戦はとにかく「現場主義」。

6月29日午前6時ごろの愛知県豊橋市・豊橋魚市場…。時には早朝から長靴で市場を動き回り、とれたての海鮮を実食。

そんな田島さんの「現場主義」の象徴が、度々目につく『リュック』。

田島さん:
「この口を閉めてるんですけど…糸がほどけちゃって破れちゃいましたね。なのでと時々ここから出し入れしてます(笑)」

国連時代から使う10年モノの相棒です。

ただ、すごく大切なのは分かりますが…決起集会でベージュのジャケットと赤のワンピースにリュックを背負う姿は多少の違和感も…。

とはいえ、現場の声を大事にリュックを背に、走り回ります。

田島さん:
「ひとつ本当にお約束したいこと。それはですね『現場主義』です。皆さま、おひとりおひとりの声に耳を傾けたいと思います」

■共産党ってオシャレ? 共産党の新人・須山初美さん(40)

須山さん:
「デザイナーとして働いてくる中で、本当にまぁそういうセクハラなのかなと思うようなことも受けながら」

デザイナー時代の自身の経験を交えながら、ハラスメント防止を訴えました。

ところで、トークショーが開かれた場所は、オシャレなビルの中にあってまるで美容室のような空間です。机の上には写真撮影のためのアイテムも…。

よく見ると…実はここ、共産党のイベントスペース。

若者を意識した空間を作ることで、共産党に関心がなかった人達を取り込む作戦です。須山さんのトークショーに訪れたのは若者ばかり、とはいきませんでしたが…。

須山さん:
「女性が働き続けることはすごく大事だなと思っていましたし、パワハラをなくしていく法律にまだなっていないですから、そこにも取り組みたい」

1/4ページ

最終更新:7/19(金) 15:19
東海テレビ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事