ここから本文です

《ブラジル》東京2020まであと1年=ブラジル五輪委員会が開催=「所縁の深い日本で良い成績を!」

7/19(金) 6:55配信

ニッケイ新聞

 「『モニカの仲間たち』が先頭きって、代表チームの応援に駆けつける。みんなで応援しよう!」――ブラジルを代表するマンガ家マウリシオ・デ・ソウザ氏は、代表ユニフォームを着た人気キャラクターの絵をプロジェクターに写し、そう呼びかけると歓声が上がった。サンパウロ市ジャパン・ハウスで17日晩、ブラジル五輪委員会(COB、パウロ・ワンデルレイ・テイシェイラ会長)と在サンパウロ総領事館(野口泰総領事)が共催する特別イベント「東京2020まであと1年」が開催され、同委員会や各競技の連盟役員、元五輪メダル選手ら約100人が招待され、華やかな雰囲気の中で開催された。東京五輪は1年後、来年7月24日に開会する。

 冒頭、ワンデルレイ会長は「リオ五輪からもう3年が経った。あっという間じゃないか。ということは、東京2020まであと1年は更に早い。2016年からの準備は、最終直線に入った。一気に駆け抜けよう!」と、元柔道トレーナーらしく勢いよく挨拶した。

 司会は、女子バレー代表選手としてアトランタ五輪(銅)、シドニー五輪(銅)の黄金期を築いた有名人ヴィルナさんが担当。「日本人はブラジルに100年以上前から様々な貢献をしているが、中でもスポーツ、柔道は格別。今までに全五輪競技を通して一番多くメダルをもたらしたのも柔道で、なんと22個。だからここで開催することになった」と語り、野口総領事にマイクを渡した。
 総領事は「ブラジル柔道の向上に貢献したことを大変誇りに思うのと同時に、ブラジルは90年代にサッカーJリーグに一流選手をたくさん送り込んでくれ、日本のレベルを上げてくれたことを感謝したい。来年はぜひ東京へ五輪観戦に来てほしい」と呼びかけた。

 連邦政府を代表して、市民省スポーツ特別局(旧スポーツ省)のデッシオ・ブラジル局長は「19年予算は政府全体の支出が削減されたのに伴い、スポーツも減った。ロテリア・フェデラル売上げからの選手育成資金は今停止されている。だが、それをなんとか解除して各連盟に出せないか検討する」と語ると選手たちから拍手が上がった。

1/2ページ

最終更新:7/19(金) 6:55
ニッケイ新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事