ここから本文です

【映像】イラン革命防衛隊が外国船拿捕 タンカーではなく小型貨物船

7/19(金) 17:10配信

アフロ

 中東イランのイスラム革命防衛隊(IRGC)は7月18日、ペルシャ湾のホルムズ海峡で、燃料を密輸出しようとしたパナマ船籍の貨物船を拿捕した際の映像を公開した。
 革命防衛隊の発表によれば、パナマ船を拿捕したのは7月14日で、場所はホルムズ海峡の北にあるイラン領ララク島の南。
 船には12人の外国人が乗り込んでおり、100万リットルの“密輸出された燃料“を積んでいたという。
 国際海事機関によれば、同船は7月5日、アラブ首長国連邦のラアス・アル・ハイマ沖で進路を北に変え、ホルムズ海峡のイラン領海に向けて航行したという。同船は現地時間7月14日午前4時28分、ララク島の南にいるところまでは分かっていたが、その後消息を絶っていた。
 イラン外務省は18日、同船は「タンカーではなく通常の小型船で、100万リットルの燃料を盗もうとしていた」と発表した。

(イラン、テヘラン、7月19日、映像:IRGC via Press TV via Storyful/アフロ)

最終更新:7/19(金) 17:10
アフロ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事