ここから本文です

1000万の人も2000万の人も 老後の為に自分がいくら必要か知る手順

7/19(金) 8:30配信

ファイナンシャルフィールド

金融庁の金融審議会が提出した報告書「高齢社会における資産形成・管理」の受け取りを麻生太郎金融担当相が拒否したことが、世間で大きく話題になりました。

この報告書では、高齢夫婦無職世帯(夫65歳以上、妻60歳以上)の生活費が年金だけでは足りず、老後に30年生きるなら2000万円ほど不足するという試算がなされています。

年金だけで生活することが難しいことは多くの方が承知していたでしょうが、老後のために備えておくべき金額には個人差があり、一概にいくらとは言えないはずです。そこで、今回は老後のために必要な貯蓄額をどうやって把握すればよいか解説します。

「2000万円」はどうやって計算された?

金融庁の金融審議会が提出した報告書を見ると、高齢夫婦無職世帯の生活費の不足額(月間)は以下のように計算されています。

・収入:20万9198円
・支出:26万3718円(うち消費支出 23万5477円)
・差額:5万4520円(不足額)

毎月の不足額が約5万5000円なので、20年なら5万5000円×12ヶ月×20年=1320万円、30年なら1980万円となり、その結果として「2000万円」という表現がなされたようです。ところが、収支の明細は以下のとおりであり、不可解な項目がいくつか並んでいます。

(※1のデータを基に筆者作成)

これを見て、「食費や光熱費、通信費が高すぎないか」「交際費や仕送り金は毎月こんなにかからない」「教育の15円とは何?」など、さまざまな疑問を感じたのではないでしょうか。

この数値の妥当性はともかく、いずれにしても収支は個々の家庭によって違うはずです。住宅ローンが完済しているか、介護が必要になるかどうかなど他の要因によっても大きく変わってくるので、データにとらわれず、自身の場合はどうなのかということを把握することが必要です。

「キャッシュフロー表」を作れば、老後にいくら必要かが分かる

老後にいくら必要なのかを知るために役立つのが、生涯の資金繰り表である「キャッシュフロー表」です。キャッシュフロー表は家計簿に似ていますが、家計簿が「過去」の収支を集計するものであるのに対し、キャッシュフロー表は「将来」の収支を予測するために作成します。

キャッシュフロー表というと難しく聞こえるかもしれませんが、小学校レベルの算数の知識があれば誰でも作れます。ただ、手書きで作ると手間がかかるので、できればExcelなどの表計算ソフトを活用してください。

一例として10年間のキャッシュフロー表を作成すると、図に示したようになります。

1/2ページ

最終更新:7/19(金) 8:30
ファイナンシャルフィールド

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事