ここから本文です

底引き網漁船1隻が係留中に全焼 船は無人…漏電による出火か 高松市

7/19(金) 14:02配信

KSB瀬戸内海放送

 18日夜、高松市の岸壁に係留していた底引き網漁の漁船1隻が全焼しました。けが人はいませんでした。

 18日午後10時半ごろ、高松市瀬戸内町の工場東側の岸壁で「漁船が燃えている」と近くに住む男性から119番通報がありました。

 消防が約2時間後に消し止めましたが、係留していた底引き網漁の漁船1隻、約5トンが全焼しました。船に人は乗っておらず、けが人はいませんでした。

 船は火災発生の1時間前まで走行していたということで、警察が漏電による出火の可能性を視野に調べています。

最終更新:7/19(金) 14:02
KSB瀬戸内海放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事