ここから本文です

ロイスはドルトムントと契約更新 バルサ含む多数のオファーを蹴る

7/19(金) 7:50配信

SPORT.es

欧州の強豪クラブからの注目を集めていたドイツ人FWマルコ・ロイスだが、負傷とボルシア・ドルトムントへの愛着から、バルサやシティ、ユナイテッド、アーセナル、ミラン、PSGのオファーを断りドルトムントと契約を更新した。

アトレティコ移籍のトリッピアー、刷新されたDF陣の中心となるか

メディアGoal.comのドイツ語版によると、マルコ・ロイスは雑誌GQのインタビューで「2015年の夏にバルサのSDラウル・サンジェイがデュッセルドルフのホテルに商談に来た」と語り、この時からバルサが関心を示してきたことを告白している。

しかしこの才能あるフォワードに関心を示したのはバルサだけでは無く、アーセナルやミラン、PSG、シティ、ユナイテッドといったそうそうたる強豪クラブのSDがドイツを訪れた。

メディアDAZNのインタビューで、ロイスはドルトムント残留の理由をこう語っている。
「もちろんこれらの強豪クラブのオファーを検討した。しかし最終的に僕は自分のクラブを選び後悔はしていない。このクラブでドイツのチャンピオンになりたい。あと3,4年良いときが続くと思うから、毎年最大限に頑張りたい」

SPORT.es

最終更新:7/19(金) 7:50
SPORT.es

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事