ここから本文です

【日本のお父さんは辛い】サラリーマンのお小遣い事情を覗いてみたら悲惨だった

7/19(金) 12:20配信

ファイナンシャルフィールド

お待ちかねのバーゲンの季節です。この機会にあれこれ買い物したくなってしまいますね。バーゲンといえども、お小遣いの中でやりくりしないといけないので、じっくり考えて買いたいものです。ところで、世の中のサラリーマンのお小遣いはいったいどのくらいなのでしょう。

新生銀行は、20代から50代の有職者の男女約2700名を対象にした「2019年サラリーマンのお小遣い調査」を実施し、その結果を取りまとめました。※

それでは結果をみてみましょう。

男性会社員のお小遣いは約3.7万円。既婚か、共働きか、子どもの有無でお小遣いは増減

男性会社員の毎月の平均お小遣い額は、前年の3万9836円から3089円減少の3万6747円となり、1979年の調査開始以来、過去2番目に低い金額になりました。

そのうち未婚の人のお小遣いは4万3608円で、平均より約7000円高いことがわかりました。やはり、独身は自由になるお金が多いようです。

既婚者はというと、子どもなしのうち共働きの場合は3万7597円と平均より高いですが、配偶者が主婦・無職の場合は2万5022円と、共働きと比べて1万円以上も低いことがわかりました。子どもがいない既婚者というと若い人が多いので、収入が低いことが原因かもしれません。

既婚・子どもありでは、共働きの場合は3万0813円で、配偶者が主婦・無職の場合は3万2469円と、子どもなしと逆の結果となりました。子どもありで配偶者が専業主婦の場合は、男性の給料が高い場合が多いので、このような結果になるのではないかと推察されます。

子どもの年齢でみてみると、未就学児がいる世帯ではお小遣いは3万円以下でした。年齢が若いため収入が低いことや、小さい子どもは手がかかるため、配偶者が働いていない場合が多いためでしょう。子どもの年齢が上がるにつれ、親の年齢も上がり、収入増に比例しお小遣いの金額も上がっていきます。

しかし、中高生と大学生がいる世帯で再び減り、3万円を切ります。大学の学費は年間50万~100万円、医学部だとそれ以上かかってきますので、家計が厳しくなるのでしょう。このように、お小遣いの変化から、子育て・教育費の家計への負担が読み取れる結果となりました。

女性会社員のお小遣い額は、前年の3万4854円から1585円減少し、3万3269円となりました。年代別に見ると、20代は4万円を超えているものの、40代と50代で2万円台後半まで大きく減少している点が特徴的です。30代以降は子育てや家事に忙しく、自分のことに構う余裕がないのでしょうね。

1/2ページ

最終更新:7/19(金) 12:20
ファイナンシャルフィールド

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事