ここから本文です

「退職金には手をつけたくないけれど…」定年後も続くローン返済

7/19(金) 18:31配信

MONEY PLUS

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ。

【図表】繰上げ返済の利息軽減効果はどれくらい?

今回の相談者は、親の介護のために妻と娘と離れて暮らす58歳の男性。定年後も住宅ローンや奨学金の返済が続きます。退職金で一括返済することも可能ですが、老後のことを考えるとどうやりくりするのがいいのでしょうか。FPの飯田道子氏がお答えします。

【相談者の悩み】

親の介護で家族と別居しています。一緒に住むことができればいいのですが、事情があってそれは叶いません。妻と娘は2人で暮らしています。私は、あと2年で定年を迎えます。無事に定年を迎えられれば退職金が2200万円受け取れます。現在、妻と娘の住んでいるマンションのローンが約1000万円と、娘の奨学金の借入が400万円残っています。定年後は再雇用されますが、年収は半分程度になってしまいます。退職金には手を付けたくないのですが、老後のために今からできることは何かありますでしょうか。

〈相談者プロフィール〉
・男性、58歳、既婚(妻:56歳)、子供1人(26歳)
・職業:会社員
・居住形態:持ち家(戸建て)
・毎月の世帯の手取り金額:50万円
・年間の手取りボーナス額:150万円
・毎月の世帯の支出目安:50万円

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:なし
・現在の貯蓄総額:300万円
・現在の投資総額:10万円
・現在の負債総額:1400万円
(住宅ローンと奨学金の返済)

【支出の内訳】
・住居費:10万円
・食費:10万円
・水道光熱費:4万円
・教育費:なし
・保険料:7万円
・通信費:5万円
・車両費:5万円
・お小遣い:3万円
・その他:6万円

【FPの回答】

飯田: 親御さんの介護のために、ご家族と離れて暮らさなければならない相談者様。現在、気になっているのは老後のこと。再雇用は可能なものの収入は半減。ローンの支払いも残っており、今からできることは何かを知りたいご様子です。

1/3ページ

最終更新:7/19(金) 18:31
MONEY PLUS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事