ここから本文です

2015年RWCのベスト4対決!ザ・ラグビーチャンピオンシップ2019 開幕節の見どころ

7/19(金) 17:01配信

J SPORTS

ザ・ラグビーチャンピオンシップ2019が、7月20日(日本時間:7月21日)に開幕する。最初に行われるのは、南アフリカ代表スプリングボクス対オーストラリア代表ワラビーズ(会場:ヨハネスブルグ・エミレーツエアラインパーク)だ。

ホームのスプリングボクスは、本来のキャプテン、FLシヤ・コリシが膝の怪我で欠場。代わってLOエベン・エツベスがキャプテンを務める。世界最強HOの呼び声高いマルコム・マークス、今年のスーパーラグビーで得点王となったSOハンドレ・ポラードは出場しない。代表デビューとなるのは素早いパスワークが光るSHハーシェル・ヤンチース(167cm、75kg、23歳)、フランスのトゥールーズでプレーする大型FLラインハルト・エルスタット(198cm、116kg、27歳)。ラグビーワールドカップ(RWC)日本大会の最終メンバー入りに向けてどこまでアピールできるのか注目である。

対するワラビーズは、2018年の最終戦となったイングランド戦から大きくメンバーが変わった。スコット・シオ、アラン・アラアラトゥア、トム・ロバートソンのFW第一列はそれぞれ負傷欠場。FLマイケル・フーパーがキャプテンを務め、両PRは、86キャップのジェームズ・スリッパー、103キャップのセコペ・ケプと経験豊富な選手を並べる。100キャップのSHウィル・ゲニアはリザーブに回り、SHはイングランドのエクセター・チーフスでプレーするニック・ホワイトが先発。注目はスーパーラグビーで12トライをあげたHOフォラウ・ファインガ(ブランビーズ)、今季好調のFBトム・バンクス(ブランビーズ)だ。スーパーラグビーでの勢いを持続できるか。代表デビューとなるのは、NO8イシ・ナイサラニ(195cm、110kg、24歳)。フォース(2017)、ブランビーズ(2018)、レベルズ(2019)と渡り歩きながら、常に試合に出続ける一貫したパフォーマンスは魅力だ。

1/2ページ

最終更新:7/19(金) 17:01
J SPORTS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事